気になるスマートウォッチを比較する

好みに合うスマートウォッチを探してみたところ、「Ticwatchシリーズ」「FOSSIL Q EXPLORIST」が気になりました。どちらもWare OSで値段もギリギリ予算内。それぞれデザイン性もあるため、わかる範囲で比較表を作成してみました。

Ticwatch Pro Ticwatch E FOSSIL Q EXPLORIST
サイズ 45x45mm 44x44mm 46x46mm
厚さ 14.6mm 13.5mm 12.5mm
重さ 57.5g 41.5g 82g
解像度 400×400 400×400
CPU Snapdragon MT2601 Snapdragon
メモリ 512MB 512MB 512MB
ROM 4GB 4GB 4GB
バッテリー 415mAh 300mAh 370mAh
駆動時間 約2日 約1日 約1日
防水性能 IP68 IP67 IP67
付属バンド 表:レザー
裏:シリコン
シリコン レザー
単独GPS あり あり なし
実売価格 29,500円 18,000円 26,000円
デザイン 高級感 スポーティ おしゃれ
総評 ☆☆☆ ☆☆ ☆☆

 

今回スマートウォッチを選ぶ上で、個人的に重視するポイントは、「バッテリー容量(連続駆動時間)」「解像度」「デザイン」です。

バッテリー駆動時間

ダントツで「Ticwatch Pro」が抜きに出ていますね。特にスマートモードと長持ちモードの切り替えで駆動時間を伸ばす発想は面白いです。長持ちモードだけで使うと最大30日間駆動は驚異的です。ただ、私の利用スタイルだとスマートモードとの切り替えが多いはずなので、実際の使用では2日くらいのようですね。それでも十分ですが・・・

解像度

「FOSSIL Q EXPLORIST」の解像度が不明ですので比較が難しいですが、実際に見た感じではどれも問題ないように感じます。やっぱり有機ELの綺麗さはいいですね。あと、解像度400で表示できる情報量は、なかなかのものです。

デザイン

「FOSSIL Q EXPLORIST」のおしゃれなデザインは、かなり心が持っていかれましたが、今回は仕事中に利用することがメインの目的なので、無難なのは「Ticwatch Pro」でしょうか。こういった高級感漂うフォーマルなイメージは個人的に嫌いじゃないです。カジュアル感を出したい場合は、バンドで雰囲気を変えることもできますしね。

結論

このあと保護フィルムやバンドの交換を考えると、値段的にはなかなか勇気が出ませんが、毎日使うこととそんなに短期間で買い替えるものでもないので、今回は少し奮発して「Ticwatch Pro」を選びたいと思います。

ただこの「TicWatch Pro」、2018 年 5 月 24 日にMobvoi社から発表され、7月11日にMobvoi本社サイトとアメリカAmazonで販売が開始されましたが、日本Amazonでの販売はまだのようです。(販売ページは立ち上がっているようですが)

少し様子を見ながら待ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA